esports GYMで勉強し、ゲームを仕事にする方法

今、鶴ヶ島 / 川越でアジアン料理が熱い!!日本人の味覚に特化していない本格派ベトナム料理店です。 鶴ヶ島駅近ベトナム料理店 ファンフォーで話題のアジアン料理を食べて免疫力をあげよう!ウーバーイーツと出前館絶賛出店中です!!蔓延防止措置の影響により当店営業時間は午前11時から午後8時までとさせて頂きます。お酒のご提供も終日自粛させて頂きます。新型コロナ オミクロンなんか怖くない。ベトナム料理でコロナとさよなら!! 現代ベトナム屋台料理界の頂点!@霞ヶ関駅アジアン料理/鶴ヶ島駅アジアン料理/川越駅アジアン料理/坂戸駅アジアン料理/わかば駅アジアン料理/北坂戸駅アジアン料理/日高アジアン料理/東松山アジアン料理/入間アジアン料理/アジアン料理/エスニック料理/ベトナム屋台料理 ファンフォーです。

無理なく運動が続けられるサイト/ベトナム屋台料理ファンフォー監修『PriPri style(プリプリスタイル)』です。

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回は、

今後伸びていくことが確実なeスポーツ業界についてお伝えして参りたいと思います。

今後ゲーム業界で働く人は、めちゃくちゃ増えていくと思います。興味がある場合には一人でも先にこの業界に入ることが大切です。

 

ゲームが上手い、上手な人って日頃からゲームを呼吸するような感覚でホントに上手に遊んでいますよね。

このような方達って、どこかの学校に言ったわけでもなく、上手いんです。すべて独学なんですね。

 

でも、あえてそれを独学ではなく、ゲームのプロを講師に迎え、初心者の生徒をプロ並みに育てることを目的としたのが、

eスポーツジムなんです。

 

eスポーツ選手になりたいと、お子様が言ったなら親御さまとしてはその夢、やっぱり叶えさせてあげたいですよね。

ゲームって、実はお母さん、お父さん、兄弟、だれもプロに育てることを前提に教えることができないんです。

そこで、eスポーツ専門学校が存在しています。

 

こういった、思考を持つ家庭がこれから世の中に増えていきます。

また、そのニーズを満たすためにeスポーツ専門学校も、これから増えていきます。

 

そしてそのスクールが増えてきたらどうなると思いますか?

必然的に講師、つまりゲームに詳しいプロの講師が必要なのです。

 

 

自分が大好きなゲームで、講師ができたら楽しいと思いませんか?趣味が仕事になるって最高ですよね。

 

繰り返しますが、今まで趣味でやっていたゲームがいきなり仕事になるんです。ゲームの実力が上がればあがるほど収入も上がる。

しかも、プロゲーマーとして活躍し、ゲーム大会で勝利を勝ち取ると数百万~数千マンの賞金をゲットできます。

趣味で始めたゲームで優雅な生活できちゃいます。

しかも楽しい、おもしろい、やりがいがある。なにより集中できる。

 

ゲームにもいろいろなものがありますが、現在ではとくにオンラインバトロワ系、オンラインゲームシューティング系、オンラインレース系、オンライン格闘系、オンラインシュミレーション系、などが流行っています。いずれもオンラインでネット回線の向こう側にいる、生身の対戦相手とプレイできることが最大の魅力となっています。

 

本記事で得られるメリットは下記の5つです。

  1. これから衰退していく仕事が手にとるようにわかる。
  2. 未来の予想がわかるようになる。
  3. 自分のやりたいことに気づく。
  4. eスポーツ業界、ゲーム業界に就職することで自分のやりたいことがわかるようになる。
  5. IT業界、プログラミング業界を早い段階で勉強しておくことで、将来の安定が手に入る。

 

eスポーツの未来がすでに来ている!

実は、本記事を作成している私もゲームは大好きで、でもよく小さい頃はゲームを長時間やっていると親に怒られたりして、

ゲームばっかりしているとバカになっちゃうよ、ゲームって時間を無駄にしているとか、

目を悪くしてしまうとか、勉強をおろそかにしてしまうとか、人をダメにするとか、いろいろ悪いイメージが先行していますよね。

 

でもこれからの時代、これらの概念は取り払われます。

 

eスポーツの市場は今、世界で1070億円に達してして、2年後には1760億円になると予測されています。

 

現在、ゲームに詳しい方、日頃からゲーム情報を入手している方ならすでにご存知かと思いますが、

ゲームがオリンピック種目に入ってくるとも予想されるほどです。

 

すでにスポーツジムならぬ、『eスポーツジム』も存在しているくらいで、そのメンバーには、8歳からいるといいます。

ジムの中では日頃からゲームでトレーニングをしているといいます。

 

 

昔では、ありえない光景ですね。

こんな時代がくるなんて誰が予想できたでしょう。

 

eスポーツに入会をさせた8歳のお子様をもつお母様は、学校のことを最優先にする、宿題は必ずやる、それらが守れるなら、

入会してもいいよ。ということで、入会させる方が多いといいます。

 

ただ、ゲームでトレーニングするなら結果を大きく出しなさいと、お子様との約束をしているようです。

 

現在、高スペックなパソコンを持っていなければ、たとえば『PUBG』などの細かな動きを必要とされるゲームをする場合、

自作パソコンなどを用いて、総額30万円ほどのハイスペックモデルのパソコンを所有していなければ、ゲーム自身が保有するスペックを

体感することができないため、多くの若い世代がハイスペックゲームができない状況化となっています。

 

高性能パソコンもほんとに高いんです。わたくしも高性能パソコンを持っていますが、すべて込みで40万円くらいしました。

この高価なパソコンを買えるほどお金の余裕がある人って、特に若い年代、小中学校、高校生、大学生ほとんどみなさん無理だと思うんですね。

 

そうなった時に、クラウドゲームっていうのがこれから将来流行ってくるとどうなるかって言いますと、Googleなどの企業がサーバーをGoogle自社で用意して、

そこのサーバーからゲームデータが送信されるので、そのデータをご自身のモニターに映し出すことができゲームをプレイできようになります。現状では、高性能パソコンが必要なんですが、それが徐々にいらなくなる時代がやってきます。

 

最終的な未来は、ご自身でモニターだけがあれば、高性能なゲームがプレイできる時代がやってきます。

 

現状だと高性能なゲームをしたいけどできない層がとても多いんです。

昔の私もそうでした。

 

もっとハイスペックなゲームをやりたいけどお金がないから家庭用のゲームで我慢していました。

 

この記事を読んでくださっているみなさまの中にも、本当はPC版のPUBGやりたいとか、

PC版のいろんなハイスペックなゲームがやりたいと思っている方大勢いらっしゃると思うんです。

ちなみに、2022年1月20日現在・・・、

元祖バトロワ”PUBG”が全機種 無料化に!!『Twitterでもトレンド入りする勢い…!!』

です。

 

 

現状だとスマホでもゲームはできますが、やはりパソコンでゲームをするのと、スマホでゲームをするのとでは、画質にものすごい差があります。

もしゲーム人口が今よりももっと増えたらゲーム配信者に対しても見てくれる人がより集まってくるでしょう。

 

現状のゲーム配信者のトップ層っていうのは、どんどん収入が上がっていくと思います。

なにもしないでも上がっていきます。

これから、ゲーム配信する人も伸びやすい環境になるでしょう。

 

動画を見てくれる母体が増えるわけですからめちゃくちゃチャンスなわけですね。

 

 

話はもどりますが、

eスポーツジムは、その現状を捉えたゲーム業界のプロ業界は、それなら安価で毎日高スペックなパソコンでゲームができる、しかもプロ選

手のレッスン付きで受けれるサービスがあったら、いいですね。という観点から生まれたビジネスだそうです。

これから、ゲーム配信者、ゲームを仕事にしたいと言う方にはとてもいい環境ですね。

 

現代では、プロゲーマーを職業として考えるお子様が増えていることに着目して頂きたいと思います。

また、社会人の中でも副業として本業帰りに、eスポーツジムに通いながらゲームを楽しみ少しでも収入になればと考える方が、

増えているといいます。

 

またゲーム配信をこれからやってみたいと言う方にも、そしてゲーム配信をやってみたいけどゲームが上達しないという悩みのあるニーズに答えるというビジネスチャンスもあります。

これからの時代、ゲームというものが市場を大きく取り始めます。

 

これをチャンスと捉えるか、単なる通過点に過ぎないかは、あなた次第です。

 

 

日本初、ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』体験会

ゲムトレでは全国大会、世界大会などに出場する実力あるゲームトレーナーがオンラインでゲームを教えてくれるサービスです。PCゲーム、スマホゲーム、家庭用ゲームなど幅広く対応しています。特に受講者が多いタイトルはフォートナイトやマインクラフトです。

ゲムトレはプロゲーマーの育成プログラムではなく、子どもの習い事としてのジムとなります。

ゲームをプレイすることで、情報処理能力など脳の力が鍛えられる効果があります。

囲碁や将棋を習うようにゲームを習う文化を作っていきたいと考えており、ぜひお力添え頂ければ幸いです。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る





ページトップへ戻る

ページトップへ戻る